広がる土佐の森方式

自伐林業推進のための「林地残材の収集運搬システム」を稼働させ始めた地域(自治体別)を紹介します。

①高知県仁淀川町、②高知県日高村、③高知県土佐町、④高知県本山町、⑤高知県大川村、⑥島根県津和野町、⑦島根県吉賀町、⑧島根県邑南町、⑨島根県雲南市、⑩島根県奥出雲町、⑪熊本県阿蘇市、⑫愛媛県内子町、⑬鳥取県智頭町、⑭広島県北広島町、⑮京都府京丹後市、⑯岐阜県恵那市、⑰岐阜県大垣市、⑱愛知県豊田市、⑲山梨県道志村、⑳茨城県常陸大宮市、㉑福島県鮫川村、㉒福島県南会津町、㉓宮城県気仙沼市、㉔宮城県南三陸町、㉕宮城県栗原市、㉖宮城県大崎市、㉗宮城県登米市、㉘岩手県紫波町、㉙島根県浜田市、㉚兵庫県篠山市、㉛長野県阿智村、㉜千葉県山武市、です。

民間主導型、自治体主導型それぞれで、レベルも様々ですが、とにかく動き始めたことが重要です。(写真は11月からスタートした京丹後市です)
e0002820_731939.jpg

次に、地域収集システムはまだ稼働できてませんが、自伐林業推進を開始した地域です。(上記以外の地域)
㉝大分県竹田市、㉞大分県日田市、㉟高知県四万十市、㊱岡山県美作市、㊲兵庫県丹波市、㊳兵庫県豊岡市、㊴和歌山県北山村、㊵滋賀県長浜市、㊶岩手県大槌町、㊷秋田県由利本荘市、㊸岩手県遠野市、㊹奈良県十津川村、㊺長崎県対馬市、㊻富山県南砺市

なんと46の地域に達しています。さらに検討中の数十の地域が追っかけています。素晴らしいことですね。今後はこのネットワークを構築しないといけないですね。(写真は宮城での研修風景)
e0002820_740176.jpg

[PR]
by ken_nakaji | 2012-11-03 07:37 | 森林 | Comments(0)
←menu