オーストリアの林業

先日の農林水産省政務官訪問の帰り、栗駒の大場さんに誘われ、オーストリア政府による林業機械販売プロモーション展に行ってきました。
どうせ高性能林業機械売らんかなのしょうもないプロモーション展だろうと、たかをくくっていたのですが、結構いい情報が得られました。

まずこの写真ですが、トラクター&手動(馬搬)はすべて自伐林家です。架線系の半分以上は、なんと軽架線だそうです。タワーヤーダー等の高性能林業機械は一部とのこと。要するにオーストリアの林業の7割は自伐林業なのです。そのため、軽架線メーカーが何社も存在し、その一部のメーカーが来日していました。
やはりそうでした。馬搬搬出機メーカーまで存在していました。それも若干紹介されていました。
オーストリアやドイツ、スイスあたりは、どうも自伐林業大国のようです。思った通りです。
この日、日本からの参加者は高性能林業機械ばかりイメージして来ていたことでしょう。それからオーストリアの高性能林業機械はほとんど皆伐現場で使われていることがわかりました。皆伐時に力を発揮するのです。間伐に使うとどうなるか、おのずと結果はわかっていますね。オーストリアでも間伐現場が紹介されていましたが、やはりその現場は8割間伐、群状間伐現場でした。全世界どこでも高性能林業機械を間伐現場に使うと荒くなることが、この日わかりました。
e0002820_14585778.jpg

下の写真はオーストリアの林業機械メーカー「マックスヴァルト社」の軽架線の写真です。土佐の森方式軽架線とほとんど変わりませんね。土佐の森はウインチは主に林内作業車を使用していますが、マックスヴァルト社はトラクターのウインチです。

オーストリアには自伐林業家が使う機械のメーカーがたくさん存在しているようです。日本メーカーも出現してほしいですね。土佐の森がなれるかも?
e0002820_14594220.jpg

[PR]
by ken_nakaji | 2012-10-26 14:59 | 森林 | Comments(2)
Commented by めたぼ at 2012-11-02 08:37 x
各地での講演等で忙しそうですね。
アッキスですが、現在2本をキープしています。昨日、購入店を覗いたら4本程入荷していました。どうします?
Commented by ken_nakaji at 2012-11-03 08:41
そうですね、安いものですので購入しておいてください。また後日精算してください。
←menu