農水省政務官+林野庁との協議

農林水産省の梶原政務官の段取りで、林野庁幹部と自伐林業推進について協議しました。

梶原衆議院議員は与党民主党の農林水産部会の森林・林業ワーキンググループの座長さんです。かつては、大規模林業一辺倒で森林・林業再生プラン導入に走っていたのですが、約1年半前に土佐の森・救援隊を視察してから、自伐林業の有効性や雇用力に気が付き、これまでの展開を反省してくれ、自伐林業方式を国策に導入すべく力を注いでくれている議員さんです。ちょうど1年前に民主党にて勉強会を開いてくれましたが、それから1年後にこうして林野庁幹部の方と意見交換できるまでになりました。大いなる前進です。
梶原政務官に感謝です。

今回は林政部林政課・経営課・企画課、森林整備部整備課・計画課の中枢の方々が出席してくれました。1年前の勉強会では自伐林業アピール程度しかできませんでしたが、今回は具体的に対話ができました。自伐林業方式を国策に押し上げる準備ができつつあることを感じました。今後も対話をを続けていきたいですね。後で振り返ると、今日は大きな1日になるかもしれませんね。
e0002820_14532824.jpg
同行してくれた、農文協の甲斐さんと、栗駒の大場さんたちです。
[PR]
by ken_nakaji | 2012-10-26 14:54 | 森林 | Comments(0)
←menu