「林業女子」じわじわ人気!

最近「林業女子」という言葉が出回っています。
しかし一般世間的には以下のような方々が「林業女子」と言われているようです。しかし、高性能林業機械を使った大規模林業の現場などに女性は対応できません。要するに、「森林・林業再生プラン」などの現場には、本当の林業女子など発生はしない故、こういう見せかけの「林業女子」が横行します。
e0002820_20374121.jpg
ここに出ている、塚本某氏は、土佐の森の現場にも来たことあるのですが、前理事長に「県職員であり、林業指導員であるようだから、初心者指導をしてもらおう」と対応してもらったことがありましたが、全くできなくて結局土佐の森メンバーがおこなうという実態をさらしたと言う結果でした。京都の彼女も現場はほとんど無理なようです。要するに見せかけの「林業女子」ですね。まあしかし、林業に女性がちょっとでも関わるという意味で、大きなことなのでしょう。

しかし、この連中はちょっと違いますな。本気で林業による収入を得たいようです。
e0002820_20445126.jpg
土佐の森のメンバーでもあり、吉野川森林救援隊でもある、時久さん。20代後半ですが、何と一人でこの作業道を敷設しております。もう200mほど敷設しておりました。師匠は徳島の橋本さんです。間もなく、自伐林業家である安藤さんところで、アルバイト林業に精を出す予定です。その練習として、ここで作業道敷設に取り組んでいます。この日も安藤さんが見に来ておりましたが、安藤さんも驚く成長具合です。彼女は平成22年度のNPO法人土佐の森・救援隊の事業「副業型自伐林家養成塾」研修生です。研修終了後こうやって自伐林業家になるべく精進しております。素晴らしいですね。安藤さんも「10年後どんな姿になっちゅろう~!」と期待しております。
e0002820_20533410.jpg
こちらは、伐倒に際して受けを伐っているところの野尻さん(20代前半)です。手前は取材に訪れた、有名週刊誌のカメラウーマンです。彼女も本気で自伐林業家志向です。

土佐の森には、こういう本格派の林業女子がうろついています。これやはり、自伐林業方式を展開しているからです。自伐林業は林業のすそ野を大きく広げますね。林業女子とはこういうことなのです。
大規模林業は逆に狭めますね。ここをよくよく理解いただきたいですな。
e0002820_20593924.jpg
e0002820_20595062.jpg
e0002820_21133071.jpg

[PR]
by ken_nakaji | 2012-05-22 20:59 | 森林 | Comments(1)
Commented by 川島 at 2014-07-07 14:52 x
初めまして、川島(ik-web@outlook.com)と申します。クライアント様のウェブプロモーションのため、貴媒体【サイト/ブログ名】から有料で広告リンク掲載をお願いしたくご連絡差し上げました。是非ご意向をお知らせ頂きたく存じます。


←menu