日田の山

e0002820_2236574.jpg
これは、福岡から高知行きの飛行機からの眺めです。日田市上空だと思います。茶色いところは、主伐により皆伐され、ハゲ山となり、その後雑木林に変遷している最中の山であると思われます。まだ土壌が剥き出しになっている山もありそうです。凄まじい量です。2割近くの人工林が消滅していってる感じですね。大規模林業による大量生産、大量消費のなせる技ですね。山が緩いので、紀伊半島のような土砂流出にはなっていないようですが、それでもかなりの流出用であることは間違いないですね。この地域の林業はどんどん小さくなる一方でしょう。所有と施業分離し、委託方式の大規模林業業者が実施しているものだろうと思います。そのうち大規模施業者も仕事がなくなってきますぜよ。持続不可能な林業が展開されているようですね。上空から見るとよくわかりますね。
[PR]
by ken_nakaji | 2011-11-29 22:42 | 森林 | Comments(0)
←menu