日本製紙連合会の幹部の方々が視察に来られました

日本製紙連合会の幹部の方々が視察に来てくれました。実は製紙連合会が自伐林業方式に大変興味持ち始めてくれています。チップ業者を通じた全国各地に林地残財の収集運搬システムを構築できないか、ということと自ら所有する膨大な山林に自伐林業方式を導入できないかということです。他人の山からも、自分の山からも集めたいということです。是非一緒に構築したいですね。大会社が自伐林業方式を支援してくれるということは安心感も生まれます。また現在、製紙連合会は国土緑推を通じて森林NPO支援(間伐材搬出)をしてくれてもいます。これも是非継続してほしいですね。
e0002820_525036.jpg
e0002820_53769.jpg

[PR]
by ken_nakaji | 2011-11-20 05:03 | 森林 | Comments(0)
←menu