紀伊半島

e0002820_223482.jpg
高知-東京便から見た紀伊半島です。かなりハゲ山が多いですね。皆伐施業が多い地区のような感じです。深層崩壊した箇所が見えていますが。すぐ隣がハゲ山ですね。深層崩壊した場所も樹木の量がちょっと少ないような。皆伐地が崩壊したかも。
e0002820_2237163.jpg
こちらは、皆伐地の谷が沢抜けしている様子がよくわかります。その横は、大きな作業道を起点にして表層崩壊、及び沢抜けしていますね。全て施業地が原因で土砂災害が起こっていることがわかります。荒い施業は、豪雨地域では実に危ないですね。大規模施業のなせる技です。今の林業施策を続けているとさらにこういう事態が増えますね。早く自伐林業方式に変える必要がありますね。
高知の嶺北地方では、年間10万m3処理する合板所ができますが、こういう山になりかねませんね。崩れやすい三波川地帯、ここで皆伐地が増えることは実に危ういということですね。一つだけ対処する方法としては、間伐施業する自伐林家を増やし、間伐材で対応できるようにしておかないと大変なことになりますね。
e0002820_22414292.jpg
熊野川は快晴でも、土砂を吐き続けています。数年前の物部川のようです。ああ、今もそうか。
[PR]
by ken_nakaji | 2011-11-05 22:42 | 森林 | Comments(0)
←menu