三井協働の森 最終年

今年は「いの町三井物産協働の森」最終年です。三井物産は土佐の森にとって、非常に大きな取り組みとなりました。成果は上々です。この枠組みでは、おそらく最後でしょうが、三井との協働はこれからが始まりであろうと思われます。
ちょうど土曜日は雨で、予定していた山林での活動が一部変更になり、午前中これまでの取り組み全体を話す機会を得ました。三井の方々へのお礼とともに、いい展開となりました。
e0002820_22474457.jpg

午後1時からは、嶺北の大川村へ移動し、「嶺北移住の会」のシンポジウムにて話させてもらいました。内容は移住してきたIUターンの皆さんは是非、自伐林業を、という内容です。地元の林家の方々も参加されており、反応は上々でした。嶺北木の駅プロジェクトに参画してほしいですね。
e0002820_2251839.jpg

そのごまた、三井協働の森交流会に舞い戻り、三井及び三井関連企業の方々と懇親会で飲みまくりました。
e0002820_22522053.jpg
e0002820_22522883.jpg
e0002820_22523515.jpg

いやー皆さんお疲れさまでした。三井物産の皆さん、今後もよろしくお願いいたします。

この前の日の金曜日は、環境省の紹介で、広島の企業グループの定例フォーラムに呼ばれて、話をしましたが、広島を日帰りというのは疲れますね。かなりハードでした。またこの日は大雨で、帰りのJR南風にて、阿波池田駅にて運行停止となり、足止めされ、あげくにバスに乗り換え、夜中に高知へ着くという事態に見舞われました。いやー連日ハードで疲れましたね。
[PR]
by ken_nakaji | 2011-10-16 22:57 | 森林 | Comments(0)
←menu