さめうら水源の森木の駅プロジェクト説明会

e0002820_8294713.jpg

昨日の晩は、嶺北地域(早明浦ダム水源域)の「木の駅プロジェクト説明会」がおこなわれました。台風前夜で大雨が予想され参加者が少ないのではとの懸念がありましたが、何とこれだけの方々が集まってくれました。参加者は材の出荷を検討したいという方々多く、地域通貨のまわる商店が少ないとの結果でした。やはり山村住民は「山を何とかしたい」「山で稼ぎたい」と願っている人が多いということですね。質問も活発に出され、有意義な会合になりましたね。裏を返せば、これまで国を含めた行政は、これらの人々の要望に応えてなかった裏付けとも言えますね。それはさておき、仁淀川でも同じでしたが、計画する側の予想を超える期待感が地域にあるのは事実のようです。これは全国共通のようですよ。丹羽さんはじめ、プロジェクトメンバーも気合いが入ったはずです。
説明会の中で本山の八尋さんたちの、説明寸劇もおこなわれました。
e0002820_829575.jpg
今後、嶺北でもこれから自伐林業に参入しようという人々向けに「副業型自伐林家養成塾」を2回開催します。軽架線による搬出と、作業道づくりですね。
[PR]
by ken_nakaji | 2011-09-03 08:30 | 森林 | Comments(0)
←menu