吉里吉里通信

深澤さんから吉里吉里通信です。
先の「吉里吉里国林業大学校1回目」の模様が報告されています。
---------------------------------------------------------------------------------

皆様

吉里吉里国をご支援いただいている皆様には、本当にお世話になっております。

おかげさまをもちまして、
ついに、NPO吉里吉里国が自伐林業の展開に向け、大きな1歩を踏み出しました。

6月25日~27日まで
土佐の森・救援隊中嶋健造事務局長ほか4名の講師を迎え、
吉里吉里国の精鋭が7名参加して、
第1回国営林業大学校講座が開講いたしました。
25日には、釜石広域振興局農林部からもご指導・ご支援をいただきました。ありがとうご
ざいました。

何しろ海の男ばかりですから、
チェーンソーを持つのも初めてという参加者がほとんどでしたが、
その基本操作からはじめ、
受け口の作り方などを平場で十分練習してから、吉里吉里避難所(河童薪風呂)に隣接す
るスギ40年生の私有林において、
間伐の伐倒を中心とするトレーニングが、徹底して行なわれました。
中には、枯れ木もあり、その危険さを知る良い教材ともなりました。
間伐材は、3メートル材を中心に採材も行なわれましたが、間伐により林内にどれだけ光
が入るかを体験だきたことが一番の収穫でした。
また、スギなど針葉樹だけでなく、容易に収穫できる里山広葉樹林も身近にあることがわ
かり、吉里吉里地区における今後の幅広い木材生産への展望も開けました。

来月7月16日~18日には、「林内作業車による軽架線集材」研修を第2回として開催するこ
とも決まり、吉里吉里国の精鋭「伐り(吉里)レンジャー」たちは、目を輝かせています。
次回までには、選木された間伐木をあと数十本伐倒練習しておくように主任教官からは宿
題が出されていますが、それも楽しみに感じているようで、頼もしい限りです。

吉里吉里国から県下に「自伐林業」の取組が広がるきっかけになる予感を十分に感じるこ
とができる第1回の林業大学校講座でした。

ここでお詫びを申し上げなければなりません、
釜爺は、吉里吉里国代表として大船渡市ラグビー協会に派遣(2名)され、「沿岸選抜」
として岩手県民体育大会成年クラブチームの部に出場していたため、この林業講座には参
加できず(大事な仕事をサボった!)、聞き書き取材として臨場感に欠ける報告となりま
したことをお詫び申し上げます。
今後は、まじめに林業大学校講座に参加します。

釜石爺ウェーブス会友
--------------------------
岩手県 県南広域振興局
遠野農林振興センター
林務課
深澤 光(hikari fukazawa)
h-fukazawa@pref.iwate.jp
TEL0198-62-9933
FAX0198-62-9899
震災に
   負けてたまるか!
        岩手県
--------------------------

e0002820_6482368.jpg
e0002820_649398.jpg

[PR]
by ken_nakaji | 2011-06-30 06:49 | 森林 | Comments(0)
←menu