吉里吉里国通信

吉里吉里国からの通信の転送です。
--------------------------------------------------------------------------------------

皆様

「吉里吉里国」をご支援いただいております皆様、大変お世話になっております。
報告が遅れてしまい申し訳ありません。

 6月2日は、「NPO吉里吉里国(代表:芳賀正彦)」にとって記念すべき日となりました。
「復活の薪」代金(送料を含む)が振り込まれた旨の通知が、郵便局から吉里吉里国代表
あてに届きました。そこには、全国各地からの「復活の薪」のご注文書(振込み用紙の半
券)が10通ほど入っておりました。3日も20通ほど。今週以降もご注文数量が順調に伸び
れば、被災地吉里吉里国の「復活の薪」生産にもますますはずみがつきます。

 5月下旬から振り込みをいただきながら、払い込み(受付)にならなかったお客様には
大変ご迷惑とお手数をおかけしましたことを心からお詫び申し上げます。
 今後とも何卒、ご注文、ご支援をよろしくお願い申し上げます!
★ご注文方法は、次のhpをご参照ください。
http://homepage2.nifty.com/masatoshi/f_makinet/osirase/2303fukazawa30.htm
★お問い合わせは、NPO吉里吉里国事務局
kirikirikokumaki@yahoo.co.jp
までお願いいたします。

 また、吉里吉里国に1トン積みウィンチ付きの林内作業車「やまびこ号」をご寄贈いた
だきました。
 京都学園大学バイオマス環境学部中川重年教授のお繋ぎにより、大阪の篤林家の方から
です。
 5月30日夜に遠野をユニック付き2トントラックで出発、大阪まで往復2,400kmの旅をし
て、林内作業車をいただいて参りました。トラックの後輪タイヤが帰りの東北道でバース
トするというアクシデントはありました(釜爺の「ジェット・コースター運転」が原因で
しょうか???)が、無事に6月2日午後には、吉里吉里に林内作業車を降ろし、早速、芳
賀正彦代表に試運転をしていただきました。
 
 これで、鬼に金棒。「復活の薪」の販売、廃材後をにらんだ「自伐林業」の展開(吉里
吉里国の里山を間伐し、丸太や薪を生産して販売)が現実的なものとなって参りました。
 
 「復活の薪」をご注文いただいております皆様、林内作業車を贈っていただいた方や京
都学園大学の中川重年さんや大学で生産した米や玉ねぎを被災地へと積み込んでくれた学
生の皆さん、大阪往復のトラックを提供してくださった遠野市の松田建設㈱様にはこの場
を借りて、厚く御礼を申し上げます。
 
 全回もお知らせしましたとおり、
 6月下旬には、土佐の森救援隊を中心とした講師陣を迎え「自伐林業塾」の第1回(チェー
ンソーの安全講習と伐木実習)が開催されます。
 
 いよいよ、「吉里吉里国」の皆さんも本気モードです。
 皆様のより一層のご支援、ご指導を伏してお願い申し上げます。


吉里吉里国籍 釜爺
(吉里吉里国河童薪風呂は、岩手県県南広域振興局遠野農林振興センターと吉里吉里国の
協働により、これまでどおり日曜日を除く毎日16:00-21:00「営業」しております。)
--------------------------
岩手県 県南広域振興局
遠野農林振興センター
林務課
深澤 光(hikari fukazawa)
e0002820_17431556.jpg
「復活の薪」に対する初振り込みがあったそうです。とうとう手元に入り始めたようですね。おめでとうございます。
e0002820_17445036.jpg
ちょっと古いようですが、林内作業車の寄付がありました。京都学園大学のご紹介のようです。誠にありがとうございます。もう2台ぐらい入手したいですね。
[PR]
by ken_nakaji | 2011-06-06 17:46 | 森林 | Comments(0)
←menu