被災地支援プロジェクト「カッパ薪の湯」設置完了

e0002820_1684184.jpg
被災地支援プロジェクト「カッパ薪の湯」が設置終了しました。設置場所は避難場所になっている、岩手県大槌町の吉里吉里小学校です。井上ひさしの「吉里吉里人」で有名なところです。
e0002820_16172082.jpge0002820_16181028.jpg
e0002820_1619062.jpg
海沿いの集落ですので津波による被災状況は厳しい状況です。e0002820_1622372.jpge0002820_16222882.jpg
この避難所に数日前から薪の湯を提供するべく設置作業が進められ昨日完成しました。以下が全景です。テントの中に女湯、男湯が分かれています。
e0002820_162757100.jpg
e0002820_16284140.jpg
昨日、巴ボイラーが到着し、ガシファイアーが風呂釜のお湯を、巴ボイラーがシャワーのお湯を提供するシステムが整いました。以下の巴ボイラーの燃焼状況です。
e0002820_16304412.jpg
テントの中はこんな感じです。お湯張りです。
e0002820_16312389.jpg
シャワーです。
e0002820_16322797.jpg
なかなか壮観な風景です。自衛隊が中心的なところで風呂を提供していますが、この「カッパ薪の湯」も遜色ないですね。アークと巴ボイラーさんに感謝ですね。
e0002820_16351847.jpg
設置の模様です。
e0002820_1644041.jpg
e0002820_16435193.jpg
e0002820_16453047.jpg
プロジェクトリーダーの深澤さんも満足な表情です。
e0002820_16355172.jpg
これにより、避難されている住民の方にも少しは表情もゆるむことでしょう。こども達ははしゃいでくれました。
e0002820_16373978.jpg

[PR]
by ken_nakaji | 2011-04-07 16:37 | 森林 | Comments(0)
←menu