年度末の転戦

e0002820_7551463.jpg
まずは和歌山県です。振り返ってみると、和歌山へは初めてです。今回は県庁の林務担当課の方々が興味を持っていただいたようです。
e0002820_7583865.jpg
結構たくさんの方々が参加してくれていました。和歌山県でも林業の盛んな南部ではなく、これまでは林産が低かった北部地域です。故に小規模な林業等に興味を持っていただいたのかなと思います。これからですね。柔軟な県庁職員の方々に期待です。
e0002820_814131.jpg
次はこちらです。こちらはイケイケです。「木の宿プロジェクト報告会」です。
e0002820_824975.jpg
町長が先頭に立ち、本当に上げ潮です。勢いに圧倒されます。「智頭が変われば日本の林業が変わる」この意気で林業改革の先頭に立っていただきたいですね。
e0002820_845526.jpg
懇親会の席にて、副町長より「久々の大ヒット作です」との本音も漏れていました。懇親会も激しかったですね。中国地方からの引き合いが多いのは、智頭のおかげですね。

写真がないのですが、次は秩父です。こちらはまだ微妙な状況です。大規模集約林業一辺倒な施策でしたが、森のエネルギー研究所が入って、小規模、地域密着型のバイオマス推進&林業推進を位置付けるよう頑張りました。反発はまだまだあるようですが、今回はその応援演説のような感じでした。役場の担当課は何とか位置付けたいと必死です。何とか頑張ってほしいものです。地域の重鎮の方も意見に賛同してくれ、産業や投資対象としてしか、農業や林業を見てこなかった政策(小泉内閣以降)が大問題。文化として生活としての視点で考えているので大賛成とのエールもありました。
e0002820_8125692.jpg
次はこちらです。東大です。始めて入りました。
e0002820_8133084.jpg
東大の弥生講堂で、林野庁「森づくり国民運動」事業の報告会です。
e0002820_14473732.jpg
事業実施者の代表として事例発表させてもらいました。副業型自伐林業等を国民運動化させないといけないですね。
e0002820_14493431.jpg
最後はスーツ姿の方々ばかりの報告会です。製紙チップへの間伐材の安定供給事業です。選定委員とチップ業者間で意見の相違が結構あったのですが、おもしろい会合になりました。また小規模自伐林家、バイオマスとの共生事業化等、製紙連合会とは大いに意見が一致しました。今後も連携先として重要な関係に発展しそうです。
[PR]
by ken_nakaji | 2011-03-10 08:14 | 森林 | Comments(0)
←menu