西日本をロード

1週間を超え、ロードに出ておりました。いやーちょっと疲れました。このため、次週末に予定している「百業づくり全国ネットワーク」の設立フォーラムの準備が遅れ、関係者の方々に迷惑かけてしまいました。いや~この1週間が大変そうです。
e0002820_22221999.jpgこの建物は、豊岡市役所です。ここへ来る前に、香川高松にて国土交通省の方々と打合せがあり、それをすませてからの到着です。豊岡はまったく初めての場所です。
e0002820_2225014.jpgここでは、このようなシンポジウムでの事例発表です。写真はこのプロジェクトの代表を務める長野大学の佐藤先生です。なかなか、風貌、話とも特徴のある方でした。
e0002820_2228229.jpg
豊岡といえば、やはりこれですね。コウノトリです。まちなかを悠々と飛んでいました。
e0002820_22295189.jpgこういう農法を実施して、コウノトリとの共生を展開しています。観光客もすごい量です。しかしまだ、環境支払い&農林業環境プログラムまでは行っていませんでした。このあたりが残念ですね。今後期待しましょう。
e0002820_22325064.jpg
e0002820_22324194.jpg
e0002820_22322914.jpg
いやーあちこちに、コウノトリがいる光景は素晴らしいですね。
e0002820_2234012.jpgその後、豊岡から日本海をみながら、鳥取で1泊し、島根の旧弥栄村です。
e0002820_22355011.jpg弥栄村では、同じJST事業を進めている、中山間地域研究センターの方々との交流事業です。お互いの情報交換と勉強会の模様です。
e0002820_22374845.jpg
土佐の森方式を弥栄へ移築するための研修会も開きました。よい農地が多く、農業中心に進展してきた地区ですので、林業の話は目からウロコではなかったかと思います。今後の展開に期待しましょう。
e0002820_22403514.jpg弥栄で進んでいる地元学の現場です。各地区で実施されており、弥栄の原動力になっているようです。
e0002820_22415073.jpg弥栄から最終、熊本に移動して、製紙チップ事業の委員会です。九州の「木になる紙」の取り組みを聞かせていただき、仁淀川にて展開できるかの検討会です。九州森林管理局他、事務局の方々にお世話になりました。非常に勉強になりました。何とか実現させたいものです。
e0002820_22444313.jpg帰りは、大分臼杵からフェリーにて四国を帰ってきました。途中須崎にて、薪ボイラーにて農業ハウス加温している箇所を発見してしまいました。いい取り組みです。 いやーこりゃ長すぎますね。
[PR]
by ken_nakaji | 2011-02-13 22:47 | 森林 | Comments(0)
←menu