益田&津和野

e0002820_22251768.jpg
週末、島根県の益田市と津和野町へ行ってきました。益田は山陰中央新報という島根県の地方新聞社が主催する講座の講師として話をさせてもらいました。主に行政の方々や森林関連、漁協関係者が来られていました。かなり興味を持っていただいたようです。

2日目は過去2回スタディツアーに参加され、かなり入念に準備をしてきていただいていた、島根県庁の大場さんが地元の津和野で仕掛けた、講座&搬出デモに呼ばれました。このかた県職員ですが、遠い智頭町の木の宿プロジェクトにも参画し、何と自家用のワゴン車に材を詰め込んで10トンほど出荷したという強者です。しかし、国からの集約林業の押しつけに悩んでおられました。津和野は人工林率が低い上、木も若く、集約林業などやれる状況にありません。てきとうに無視しておけばよいのですが。
e0002820_22362543.jpg
タイトルです。なかなか工夫しております。遊び心もありますす。津和野は結構成功するかもしれませんね。
e0002820_22375898.jpg午後は人力によるC材の搬出です。人力で出してみると、軽架線の凄さがよくわかりますね。
e0002820_22393259.jpgこんな感じです。なかなか寒かったのですが、軽トラ3台ぐらいはあっという間です。
e0002820_22402172.jpg
県職員の方や役場職員の方が元気で、副業型自伐林家は皆これらの方々でした。率先垂範で気持ちいい方々でした。何とか成功してもらいたいですね。
[PR]
by ken_nakaji | 2011-01-23 22:41 | 森林 | Comments(2)
Commented at 2011-01-28 15:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ken_nakaji at 2011-01-30 22:56
津和野ふじさん、コメントありがとうございます。
海外ファンドの件、あちこち情報を仕入れてみますと、本当のようですね。困ったものです。こういうふざけた動きを止めるためにも、自伐林業の推進に頑張りましょう。
←menu