森林・林業再生プランなる、悪しきプランが動き出した

e0002820_21183546.jpg
森林・林業再生プランなる悪しきプランがついに来年度予算化されようとしています。林業をすべて「集約林業」という金太郎飴のような同じ形のもにしようという計画が実行されようとしています。これは林業をすべて「業者林業」(専業型林業)でやろうとする暴挙です。農業で言うなら「個人農業を徹底的に排除する」という政策です。無茶苦茶です。林野庁職員は何を考えているのでしょう。

良識ある研究者が先日、東京大学に集まりシンポジウムをおこなったようですが、山村再生を考えている方々は一様に不安・不満を述べたそうです。そこに来ていた、このプランの産みの親、民主党の国家戦略室の職員である梶山氏がが来ていたそうでコメントを求められたそうです。そこで答えた梶山氏のコメントは驚きのものでした。梶山氏は開き直ったようにこう言ったそうです。「森林・林業再生プランは林業の再生のみを考えたもので、効率の悪い山村などの再生を考えたものではない。山村を再生したいのならあなた方が勝手にやればよい」と、また効率の悪い山村などはつぶれてしまった方がよい、林業も街部でできるとの主旨も言ったようです。何と傲慢な。何といい加減な発言であることか、彼の正体がわかった瞬間です。彼とは会ったことがあるのですがチェーンソーすら使えない、材搬出もやったことない男なのです。こんな人間に誘導された林野庁も林野庁です。何なのでしょう。山村潰して林業が成り立つと本気で考えているのでしょうか。あまりにも現場を知らないアマちゃん連中ですね。農山村がなくなった時を想像してみなさい。そこで林業などできようはずがありません。高性能林業機械+専業林業などですべての森林がカバーできるわけもありません。10年後には補助金ももらわずに林業ができると書いています。補助金どころか、日々のランニングコスト増にさいなまれ存続する危ないでしょう。こういう連中が林業をやると山がメチャクチャになりますね。採算合わせるために「森づくり」のような価値観はなくなるでしょう。漁業が既になっているようですが、生産性を追い求めるために、最終は人件費にまで切り込み、これを削減するために船乗りを全て中国人にしているのです。近い将来このプランの先には、林業従事者は皆発展途上国の人間になっているでしょう。本末転倒です。山も無茶苦茶に伐られどうしようもなくなっていることでしょう。これが現在実施されようとしているプラン、梶山プランなのです。都会の机上論連中の施策に突き動かされやってしまったことがどうなるか、恐ろしいですね。これに乗っかった連中はこの責任を負わなければなりません。肝に銘じてやってもらわないといけないですね。

我々は何年も前からこれを忠告してきましたが、残念ながら力及ばすこうなってしまいました。しかし今後もこれにめげずこの悪法を退治するまで頑張らないといけないですね。現場で実証を示しながら。ほんにイクサ止むことなしですな。
[PR]
by ken_nakaji | 2010-10-03 21:36 | 森林 | Comments(2)
Commented at 2010-10-11 22:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ken_nakaji at 2010-10-12 06:55
のほほん星人さん、使っていただきありがとうございます。少々過激で申し訳ありません。東京でのプラン作成者のコメントを聴いて怒りがこみ上ってきたもので。今後ともよろしくです。
←menu