東洋町の薪ボイラーを見てきました

e0002820_22304258.jpg
東洋町が温浴施設に導入した薪ボイラーを見てきました。今年の5月に導入したとのこと。2年前に木質バイオマス導入を町長に進言していましたが、その後独自に推進されていたのですね。担当の課長が対応してくれましたが、ペレットボイラー、チップボイラーと検討したようですが、最終薪ボイラーに落ち着いたようです。素晴らしい判断ですね。高知県のペレットボイラー推進には目もくれず、独自判断したようです。そのあたり得意げに話されていました。賢明な判断ですので、もっと得意になってもらっていいですね。
e0002820_22371012.jpg仁淀川町の役場の方、片岡さんも行かれ、真剣に内容を伺いました。右側の方は担当スタッフの方です。町長の配慮で、役場担当者、現場スタッフに加え、導入業者の方も対応してくれました。誠にありがとうございます。
e0002820_2240486.jpg薪投入の模様です。2m材まで投入可能です。ほとんど薪割りする必要がないですね。また完全に乾燥する必要もないですね。このあたりが薪ボイラーのいいところです。気温35度前後ありましたので、とても熱かったのですが、そんな苦にではなさそうですね。
e0002820_2244989.jpgあまり大きな風呂ではないですが、土日は1日100人程度の方が入浴に来られるとのことです。
e0002820_22455191.jpg甲浦のホテルの横にあった研修施設を改造してこしらえたようです。高知県内の温泉施設がこの対応をとっていただければ、高知の森林・山村の再生に直結するのですが。
e0002820_2249115.jpge0002820_22492230.jpg
芸西村のハウス加温に導入されているペレットボイラーです。ちょっと見にくいですが、ボイラーは東洋町の薪ボイラーに実に似てますな。ペレットありきの推進は危険ですぞね。この芸西村のペレットボイラーは県外の輸入材で造られたペレットを使っています。故に、ペレットボイラーが増えても、高知県の森林・林業再生に役立ちません。それに加え原木からのペレット製造は採算が合わないですね。薪ボイラーが増えた方がずっと役に立つということに気付かないといけないのですが、林業現場を皆知らないためにこのあたりがわからないのです。困ったものです。
[PR]
by ken_nakaji | 2010-07-20 22:56 | 森林 | Comments(0)
←menu