森:厳しい林業、進む過疎 環境の視点で山村活性化 /高知

見落としていましたが、毎日新聞の服部さんが転勤前に書いてくれた記事です。

森:厳しい林業、進む過疎 環境の視点で山村活性化 /高知

win (2010年2月19日 )
森はかつて財産だった。山の人々は「将来の子孫のため」と思い、一本ずつ手作業で苗を植えてきた。時代は流れ、今では山村から人が離れ、過疎・高齢化が進む。そして森の荒廃が進んでいる。森を巡る現状と、将来の可能性に目を向けてみたい。【服部陽】

http://mainichi.jp/area/kochi/news/20100218ddlk39040638000c.html

 ●緑のダム●

 国土の7割を占める森林。このうち、杉やヒノキなどの人工林は4割に上る。戦後の復興期、木材需要による大量の伐採に伴い、国が大規模な造林を進めた結果だ。

 人工林には人の手入れが欠かせない。主な作業は、成長に応じて木を間引く「間伐」。林間が広がることで残る木の成長を促す。さらに、太陽光が差せば下草や落葉樹などが育つ。すると、落ち葉が作る腐葉土が雨水をため込み、わき水はじわじわと沢を下る。洪水や渇水を緩和するため、森は「緑のダム」と言われるのだ。

 ●荒れる山●

 しかし、昭和50年代以降は安い輸入材に押され、国産材の価格が低迷。木材が収入にならず、林業から人が離れ、山の荒廃を招いている。手入れされないと、林内は太陽光が届かずに薄暗く、木も成長しない。山村住民の生活用水になるわき水が枯れる、といった悪影響も出ている。

 そもそも、木の成長まで数十年という時間がかかる林業。価格が安くても成り立つよう、採算性が重視されるようになった。県内では20ヘクタール以下の小規模な山林所有者が約9割。こうした小さい山林を集約し、機械を入れた大規模な林業経営が主流だ。しかし、切っても木材を搬出するコストさえ賄えず、山林に残されたままとなるケースも多いという。

 「コンクリート社会から木の社会へ」を掲げる国は昨年12月、「森林・林業再生プラン」を策定した。木材の有効利用や安定供給を提唱。木材搬出などに使う作業道の整備を進め、現在約20%の木材自給率を10年間で50%以上にする、との目標を設定している。

 ●限界集落●

 森の荒廃と同調するように、山村の過疎・高齢化が進んでいる。最近では「限界集落」という言葉が一般的になってきた。大野晃・高知大名誉教授が提唱したもので「65歳以上の人口が50%を超え、冠婚葬祭などの共同生活の維持が困難な集落」と定義される。

 県が07年7月にまとめた調査によると、県内の集落のうち、消滅の可能性もある9世帯以下の集落は191カ所あり、全体(2360カ所)の8・1%に上る。さらに、高知市など都市部の8市町村に人口の75%が集中し、山村の人口減に歯止めがかからない。

 山村では水枯れに加え、バスなどの公共交通手段が限られ、日々の買い物や通院も不便だ。それでも、大豊町の岩崎憲郎町長は「水や空気を守る森の公益的機能を誰が守るのか。山に住む人の日常生活の営みがあってこそだ。この重要性を特に都会の人に分かってほしい」と訴えている。

 ●再生へ●

 最近、不景気による雇用情勢の悪化や地球温暖化への関心の高まりで、林業や山村が注目され始めた。今月6日に高知市内であった県林業労働力確保支援センター主催の就業相談会には、昨年の2倍近くの104人が参加した。県内でも山村、林業再生に向けた模索が続いている。

 森林ボランティア団体「NPO法人土佐の森・救援隊」(いの町)はサラリーマンや農家が本業を持ちながら、林業に携わる「副業型」を提唱し、昨年8月から養成塾を開いている。大規模型の林業経営とは違い、救援隊の中嶋健造事務局長は「山を良くするには、小規模でも自ら山を守る人が必要。副業なら参入しやすく、小規模林業は山村再生のツールになる」と説く。

 また、木材を燃料にした木質バイオマスが新たな可能性を切り開く。県は須崎市のセメント工場で事業を展開。発電ボイラーの燃料として、石炭などの化石燃料に代わり、チップ状にした間伐材を使い、二酸化炭素などの温室効果ガスを減らしている。

 こうした削減活動に投資することで、経済活動などで避けられない温室効果ガスの排出分を相殺する「カーボン・オフセット」が注目を集めている。県は4月以降、森林整備で生み出された温室効果ガスの吸収量を独自に認証し、証券化したクレジットを発行する。温室効果ガスを相殺したい民間企業などに売却し、得た資金で森林整備をさらに進める原資にする考えだ。県環境共生課は「木材価格の低迷や後継者不足で林業経営は厳しい。今度は環境という視点で林業の再興を目指し、山村の活性化につなげたい」と話している。
[PR]
by ken_nakaji | 2010-03-22 21:04 | 森林 | Comments(2)
Commented by fighting dog at 2010-03-22 21:30 x
ご無沙汰しています。

土曜日は総会に出席しました。久しぶりに行ったと思ったら、なかなかに大変なことになっていますね。土佐の森にとっては、すごくチャレンジングな年になるようで、それを実行しようとする健造さんを含む皆さん方には敬意を表するばかりです。

自分は相も変わらずまだ正職員になっとりませんが、色んなことに対して少しずつ力がついてき始めたのを感じ始めました。また土・日には可能な限り山の方に出向くようにし、少しでも力になりたいと思っています。
Commented by ken_nakaji at 2010-03-22 21:40
少し山の方が手薄になりますので、よろしく頼みます。
←menu