計画に対する質問(2008.12) &現状

先の計画に対する質問が、2ヶ月後審査部局より届きました。以下が内容です。少しムッと来るような質問です。こちらは理想論的になっている部分はあるが、かなりの確立で実現できると考え策定したのですが、通常はやはりこのような反応が一般的なのだと感じた次第でした。

------------------------------------------------------------------------------------------------------
1.活動内容2について. 
・ NPOの指導だけで、ニートや未就労者が就労し、自立するに可能な収入を得られる仕組みをどのように構築し、そのしくみはどのようなものかご教示ください。(このようなことが可能であれば、NPOによらず、すでにそのような取組みが存在し、機能していると考えられる。山林地主との交渉、人材育成のカリキュラム、講師の布陣、住居手当、訓練中の生活の保障、就労後の支援等)

2.活動内容3について.
・ 林地残材の収集運搬システムの具体的内容をお知らせください。(収集運搬のコストがかさむため、実施されていないのが現状、それをどのように克服するか?
・ エネルギー転換を企業に提案するとのことですが、当社(四国支店)自身にその用意があるでしょうか?
・ バイオマスの種類と、加工、流通の方法をお知らせください。
・ 他地域等のプロジェクト立ち上げを推進するとのことなるも、その実施主体は誰でしょうか?(予算も確保されておらず、実施する主体も見当たらない。活動の実施体制には、知事と県の課長のみが記載されており、実働部隊が不明。土佐の森救援隊にそこまでの機能が期待できるか?

3.活動内容5について
・同様の事業を社有林で展開するとのことですが、社有林関係者の合意は得ているかご教示ください。
------------------------------------------------------------------------------------------------------

というような内容でした。通常の審査員なら仕方がないのでしょう。できそうもない理想論を並べるなと言わんばかりです。これに対し、丁寧にその当時で判断できた、実現可能な背景を回答させていただき、その結果何とか審査をクリアーし助成いただくことができました。

1年数ヶ月後どうのような成果をあげているかが、最初に述べている報告内容(3記事前)です。改めて助成終了後の姿(計画時の)に合わせて示します。(黒文字が計画、赤文字が現在

==========================================================
【助成期間終了後の姿】(2011年度終了後)
・森林整備の進展 ・・・間伐面積 : 50ha、CO2吸収量:130t)
    2009年度 約10ha
・間伐材の利活用の進展 (建築用材、木質バイオマス燃料) ・・・搬出量 : 約1,500㎥
    2009年度の搬出量:約700m3
・森林ツーリズムの進展 (林業の各工程等を都市住民や企業に紹介) ・・・回数 : 200回 参加者 : 3,500人
   回数、参加者とも計画水準(年)
・森林環境教育 (学生、企業、シンポジウム等の開催) ・・・50件

・モリ券:地場産品交換券の流通による地域経済浮揚へ貢献 ・・・モリ券(概ね千円券) : 10,000枚発行
   今年度は約6000枚程度か

・木質バイオマス利用システムを構築し企業や地域に展開 ・・・3件
   仁淀川町にて木質バイオマス利用システムにおける収集運搬システムがほぼ成功事例に
   すでに岐阜県恵那市にて展開中。他鳥取県等仁淀川モデルを導入する動きが活発化


・小規模林業の推進 (ボラバイト、アルバイト、副業、自伐林家の受皿となる自伐林家養成学校的な組織のオープン)
雇用拡大 : 地元住民の副業20名、定年退職者のセカンドワーク20名、若者アルバイト10名、ボラバイト200名
   8月より「副業型自伐林家養成塾」を開講。県内外から21名が参加中
    ・専業林業:3人
   ・副業型自伐林家:2人+1集落
   ・副業型定年林業:7人
   ・ニート・未就労者林業:3人
   ・副業型自伐林家養成塾:21人
   ・養成塾生本格参画者:4人
   ・サラリーマン型土日林業:50名以上

   仁淀川町では70人を超える方々が副業収入を得始め、内10数名は本格的な林業を始めている

・三井物産社有林にて同事業を展開 ・・・数カ所
因って、同活動は高知県及びいの町にとって不可欠な森林及び山村再生事業の重要施策となり、協働の森事業拡大の強力な基盤として位置付けられ、高知県のみならず四国、延いては全国の森林整備事業の核として継続的に推進されることを期待する。
   先にも述べたように、木質バイオマスシステムと環境支払いとしての地域通貨の活用システムのセットが、すでに数カ所で展開され始めている
==========================================================

このように3年後に予定していた結果がすでに達成されようとしています。さらに進み始めているものも出てきています。さあ今後どのように発展させるか、発展していくのか、楽しみですが、これまでは予想を上回る発展の仕方ですね。
[PR]
by ken_nakaji | 2010-01-15 23:05 | 森林 | Comments(0)
←menu