林地残材の小規模収集現場の状況

e0002820_8542523.jpg
現在仁淀川町の木質バイオマス利用における収集運搬状況は年間4000トンペースで集まっています。計画の2倍のペースです。この成功の根源である「小規模収集運搬」の現況を、現在徐々に調べているところです。写真は仁淀川町の桜、蕨岡地区で自伐林家であり、一人親方でもあるOさんの用材の運搬中のものです。
e0002820_92678.jpgこの日はこんな棚田のある秘境でもあり、隠れ家的な集落にいる自伐林家へ行ってきました。国道33号線沿いの急傾斜にへばりついた寺村集落から渓谷を奥へ奥へと入った峯岩戸というところです。初めて行きました。奥深さに感心しました。
e0002820_98151.jpgすごい急傾斜の棚田です。きちんと耕作されています。素晴らしい、奥地の集落ですがポテンシャルの高さを感じます。自伐林家の方々もいろんな方がおられます。この峯岩戸の方は高知市内で水道工事屋さんを早期リタイヤし、かつて自伐林家であったお父さんを継いで林業を始められた方でした。秘境の奥地で山には入っておられ姿は「仙人」を彷彿させる方でした。農業より林業が収入にはなるぜよ、と言いつつ農業もやられておられました。帰りには椎茸を戴きました。自伐林家の皆さん、年はとられている方が多いのですが、かくしゃくとして、迫力を感じます。ポテンシャルの高さを感じます。皆さん、林地残材の収集運搬は大いに役に立ち、なくてはならないと語気強くおっしゃってくれてます。環境支払いの地域通貨券も燃料代や生活費に大いに役立っている、こちらもなくてはならないものになっています。
e0002820_9193399.jpg何とかこれらの方々の役に立つシステムとして継続させないといけないですね。

ここは、先ほどの地区のかなり下手の寺村地区から国道を見たものです。
[PR]
by ken_nakaji | 2009-10-30 09:21 | 森林 | Comments(0)
←menu