養成塾 次のプロ講師は橋本さん

e0002820_14581336.jpg
次回(10月17・18日)の副業型自伐林家養成塾のプロ講師は徳島県の専業自伐林家の橋本さんです。橋本さんの特徴は森づくり手法と作業道です。今回は作業道研修です。橋本さんは大阪の大橋さんに作業道づくりを習い実践されています。四国内では作業道づくりでは第一人者ではないでしょうか。橋本さんの特徴を以下に簡単にまとめました。

数代にわたり約85haの山を林業経営されている歴史ある自伐林家。樹齢の異なるスギ・ヒノキ・マツ、に加えケヤキ等の広葉樹の巨樹も混在する。まさしく混交林を造り上げている。百年を超える木があちこちにあり、写真のように幽玄の森のような趣がある。これはあらゆる樹種の活用と自然更新ねらった施業等によると思われる。年間約200~300m3の間伐を林内の状況を見ながらおこない、搬出は急峻な林内に張り巡らされた幅2mの作業道(写真を参照)を駆使し、ユンボーと2tトラックでおこなっている。こちらも高性能機械は所持していない。専業林家で200m3/年というのは少ないなと感じたのだが、山を見て納得。こちらの山も下層植生豊かで林床はふかふかの状態。長年使える作業道づくりもこちらの林家の特徴の一つ。

以下写真にて橋本さんちの森を紹介します。
e0002820_156397.jpg2トントラックから見た作業道です
e0002820_1561346.jpgなかなかに迫力があります。尾根筋を一気にのぼる様子は少々度肝を抜かれます。
e0002820_1572391.jpg
e0002820_15101128.jpg幽玄の趣のある森になっています。
e0002820_1511465.jpg
相当な急傾斜の作業道です。e0002820_15134596.jpge0002820_15135849.jpg


過去に紹介した橋本さんちの森です。2009年6月,と2008年10月です。
[PR]
by ken_nakaji | 2009-10-06 22:54 | 森林 | Comments(0)
←menu