「現代林業」&「山林」

e0002820_21435082.jpg
全林協の「現代林業」8月号と、大日本山林会の「山林」7月号に依頼を受け、書かせていただきました。
e0002820_21505932.jpg
重なる時は重なるもので、まったく同じにならないように気を遣いました。素人文章ですので恥ずかしいのですが、取り上げていただき感謝です。

さて反響があるのかないのか、よくわかれいませんが、現代林業の取り上げられ方をみていると小規模林業や自伐林家にやっと光が当たりつつあるのは確かなようです。この流れが止まらないように、さらに加速するように頑張らんといかんですね。

昨年はNEDO事業の収集運搬システムを軌道に乗せるのが勝負でしたが、今年は自伐林家的森業を世に知らせられるかが勝負ですね。
e0002820_21582966.jpg
先の「増刊現代農業」同様に写真が大きく取り上げられています。
e0002820_2201291.jpg 大きな流れにして行くにはもう一工夫いるのでしょうが、流れになりつつあるようです。こけないようにしないといけませんね。勝負はこれからです。
[PR]
by ken_nakaji | 2009-07-16 22:04 | 森林 | Comments(2)
Commented by 井坂 at 2009-07-22 19:56 x
急遽、山林と現代林業を拝読しました。
遠くなった林業を近くに取り戻す、発想の転換、一種の革命の香りがしました。
そして、このような取り組みは高知でなくてもできます!
すばらしいの一言!
Commented by ken_nakaji at 2009-07-22 21:01
井坂さま
評価いただきありがとうございます。そうなんです、ちょっと考え方を変えるだけです。どの地域でも実践できますので、是非試行してみてください。
←menu