下落が止まらない

e0002820_8594936.jpg高知木材共販所の取引価格です。低下安定していたスギが最近さらに下がり始めています。特に小中径木が下がっているようです。
これはたぶん、合板の需要が落ちてB材がだぶつきだしたからだと思われます。
ヒノキも3m材で30cm以上でも17000円という安さです。
用材だけでは厳しい状況です。C材のバイオマスエネルギー利用等がさらに存在感を増してきますね。
自伐林家的森業も注目を浴びるようになってほしいものです。
[PR]
by ken_nakaji | 2009-05-08 06:58 | 森林 | Comments(0)
←menu